徹底比較、光コラボ乗り換え特典

フレッツ光から光コラボへ乗り換える時にかかる費用

貯金箱の画像

フレッツ光から光コラボへ乗り換える時にかかる費用は、大きく分けると二つあります。一つは、これまで利用していた事業者に支払う費用、そしてもう一つは、これから利用する光コラボ事業者に対して支払う費用です。以下、それらの費用についてまとめて紹介します。フレッツ光から光コラボへの乗り換えを検討している方は、参考にして下さい。

これまでの事業者に支払う費用

フレッツ光から光コラボへ乗り換えるにあたって、プロバイダへの違約金がかかります。違約金額はプロバイダによって変わります。乗り換え手続きを行う前に、現在契約しているプロバイダの公式ホームページで違約金額を確認して下さい。なお、NTT東日本とNTT西日本に対する違約金はかかりません。これは、NTT東日本のキャンペーン「にねん割」、NTT西日本のキャンペーン「もっと2割」などを適用して契約した場合でも同じです。工事費分割払いの残額がある場合、その取り扱いについては光コラボ事業者に確認して下さい。

これからの事業者に支払う費用

フレッツ光から光コラボへ乗り換えるにあたって、申し込み手数料がかかってきます。申し込み手数料の金額は、乗り換え先の光コラボ事業者によってまちまちです。だいたいが1,000円から3,000円ほどです。今の所、申し込み手数料が無料の光コラボ事業者はありませんが、今後登場してくる可能性も十分有り得ます。フレッツ光から光コラボへ乗り換える時にかかる費用は、違約金と申し込み手数料、この二つです。費用として発生する金額と特典として得られる利益を比較した上で、光コラボへの乗り換えを検討するといいでしょう。

光コラボ乗り換えガイド

光コラボ事業者を検索

注目キーワード


公開日:
最終更新日:2015/03/12

PAGE TOP ↑