徹底比較、光コラボ乗り換え特典

光コラボ乗り換えのメリットとデメリットについて

虫眼鏡の画像

ドコモ光やソフトバンク光のテレビコマーシャル放送もスタートし、益々注目を集める光コラボレーション、略して光コラボ。そんな、光コラボへの乗り換えを検討しているご家庭は多いと思います。こちらでは、乗り換えを決める前にチェックしたい、光コラボ全体のメリットとデメリットについて紹介、なお、同じ光コラボと言っても月額料金や割引特典は、事業者によって大きく異なります。詳しい特徴については、各光コラボの説明ページや公式サイトを確認して下さい。

光コラボって何?という方はこちらを確認
光コラボ事業者の一覧

光コラボのメリット

割引特典の充実

光コラボ一番の魅力は、割引特典の多さです。全てではありませんが、事業者によってはスマホやSIMカードとのセット割引を用意しています。例えばドコモ光ソフトバンク光では、光回線とスマホのセット利用で月々のネット代とケータイ代の総額が、数千円単位で安くなります。これらの場合、契約しているスマホ回線が多ければ多いほどお得です。また、現在フレッツ光を利用しているご家庭では、契約プランによっては光コラボに乗り換えるだけでネット代がお得になることもあります(戸建て住宅でBBエキサイト光IIJmioひかりへの乗り換えなど)。

光コラボ乗り換え特典の比較
光コラボ料金プランの比較

契約の一本化

これまでネットとスマホは別々に契約する必要がありました(auスマートバリューは除く)。最近では格安スマホや格安SIMカードも登場し、より契約形態が複雑化しています。光コラボへ乗り換えることにより、これらの契約が一本化されシンプルになります。また、契約がシンプルになり、ネット代やケータイ代の管理が楽になります。

スマホ割引の光コラボ一覧
SIMカード割引の光コラボ一覧

光コラボのデメリット

初期費用と手続きが必要

光コラボに乗り換えるにあたって、初期費用と手続きの手間がかかります。これが光コラボのデメリットと言えます。初期費用としてかかるのは申し込み手数料で、事業者よって変わりますが、だいたいが千円から三千円ほどです(これまでフレッツ光を契約していなかった場合は工事費用も別途必要)。必要な手続きとしては、転用手続きと言われるものです。まず、NTT東日本またはNTT西日本へ連絡して転用承諾番号を聞き、その後、事業者にそちらを伝えます。こちらは現在フレッツ光を利用していて光コラボに乗り換える際の手続きです。これまでフレッツ光を利用していなかったご家庭は新規契約となり、事業者の公式サイトなどで申し込みを行うだけです。ネット代、またネット代とスマホ代の料金が安くなることに比べれば、初期費用と手続きの手間どちらも我慢できるのではないでしょうか。

光コラボ乗り換えガイド

注目キーワード


公開日:
最終更新日:2015/02/24

PAGE TOP ↑